忍者ブログ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:パル
超平和主義者。女の子至上主義者。
絵描き、フィギュア収集、ゲーム、特撮、漫画を程よく好む。
↓Twitter↓

Twitter




ゼルダ生誕!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

苦労と思考

カガジバリです。

日記書きます。毎回新弾出るたびそうなんですが、9日(正式には10日、だけど最近地元でも前日に出すようになった!いぇい!)が待ち遠しくてうずうずしてます。ここはグッと抑えて別な事書きますが、ぽろッとヴァンガードの話題でたらすいません。

先日パソコンに詳しいっぷりしてドヤ顔でお話したグラボの件ですが、現在保留中です。現在金銭的によろしい状況とは言いがたいので、必要かどうかを見極め中。ないと動作しないソフトも中にはありますし、将来的にも持ってて損は全くないのですが、今、Nowで必要か考えると、勢いで買うものかどうか微妙なとこなんですよね。

あーFVは何にしようかな~。2種類で組めそうだな~。

結局はnVIDIAのGeForce GT430かGT520あたりを買おうと思ってます。リーズナブルですし、ゲーム向けPC作るつもりもありませんから。レビュー見る限りオンボードよりははるかに良くなると見込めそうです。
とりあえず試しに買うのにはちょうど良いかなという感じです。OEMなのはどうなんだろうと思いましたが、全くの杞憂でした。

やっぱりエリーは必須だよなー。当たると良いけどなぁ。2枚は積みたいね、キャリンあたりと相性がよさそう?

そういえば映画「TRON」を観ました。レンタル屋でDVD探し回って、やっと1件だけ見つかりました。人気なさスギィ!

ストーリー
エンコム社で働くケヴィン・フリンの開発したゲーム「スペースパラノイド」が同僚のデリンジャーに盗まれた。しかもそれはたちまち大ヒット、デリンジャーは社長になってしまった。
デリンジャーはMCP(マスターコントロールプログラム)を作り会社のセキュリティを強化、フリンは証拠を掴むためにハッキングするもMCPに邪魔され失敗続きだった。
そこで友人アラン、ローラに頼み会社からの直接のアクセスを試みるが、途中で同エンコム社の開発したレーザーでネット世界に送り込まれてしまう。
アランにくりそつなプログラム「トロン」と、ローラにくりそつなプログラムヨーリと共にMCP抑制の世界を壊し、勝利を導けばいいさ。

1982年に公開された作品、初めて全面的にCGを使った映画としてちょっとは有名なはずなんですけど、知らないですよね。私もレガシー観て知りましたから。
Wikipedia君によるとパーリンノイズはこの映画のためにパーリン氏が作ったそうです。すげぇ!
なにそれって思ったなた、絶対パーリンノイズが使われているのが見たことあると言って良いくらいすごいものなんですよ。ないかもしれませんけどさ。

感想
面白かった(小学生並みの感想)
というのは冗談で、今見るともちのろんろんにCGがしょぼいんですけど、80年代といえばやっとCGが映像業界で使われ始め、音楽ではコンピュータによる音楽が一般的に認知されてきた、いわば技術の年代なんですよね。82年の日本では当時まだ珍しかった合成技術を使用したニューヒーロー宇宙刑事ギャバンが放映された年でしたね(特撮好き並みの知識)

まぁそんなんは置いておいて。シンプルなのであまり語るトコがないのですけども、個人的に面白かった点は、プログラムが人型をしているために起こる感情の変動ですかね。プログラムが死ぬ(というか壊れる?)シーンなんかがあるのですが、人型をしているので悲しみがあるのですよ。なんかぼわーっと消えてしまうんです。フリンは無理に戦わされたり途中で仲間を失ったりするのですが、その辺の描写はなかなかだったと思います。

アクア何枚積もうかなぁ。バニラユニットはデッキによって需要が変わるけど、今回は強力なG2が少ないから採用価値は高いのかもしれないな。

世界観とか、映像とかも見所ですね。当時の最先端を感じれるのもなかなかいいものです。

レガシーはこれの続編にあたり、ケヴィン・フリンの息子サム・フリンが活躍するお話なんですけど、所々にこの作品と似た場面が取り入れられているのでレガシーを見る際はその辺を意識すると更に楽しく観れました。
デリンジャーがまた取締役になる場面がありますしね。

スリーブはアクアあたりの色味が綺麗かな。ダイユーシャスリーブともかぶらなさそうだし。ソウルセイバースリーブ買わなくて良かった。

評価
★★★★☆
星4つですね。個人的にはレガシーの方が好きなので、その分のマイナス。
面白いですが、SF好きな男の子にしか勧められる作品ではないです。コンピュータとか、デジタルとか、そんなのが好きな人種が一番楽しめると思います。

トロン見た後一気にレガシーも観ちゃいました。レガシーは前に観たのですが、前作を知らなかった頃より楽しめましたねぇ。良かったです。
こちらは現代の最新技術に触れられますね。若返らせてるとか凄すぎる。

さてさて、以上で終わりです。なんとかヴァンガードの話は出さずに済みました!頑張ったよ私!
次回も日記ですかね。

拍手

PR

Comments

Comment Form